SensorCorpusサービスサイト
SensorCorpusお問合せ contact@sensorcorpus.com

<報道>インフォコーパス、日本ヒューレット・パッカードと共同で「エッジ・クラウド連携」機能検証を実施

お知らせ | 

<報道>インフォコーパス、日本ヒューレット・パッカードと共同で「エッジ・クラウド連携」機能検証を実施

~中小製造業を含むさまざまな産業へのエッジコンピューティングの普及を加速~
詳細はこちらをご参照ください

 

株式会社インフォコーパス(代表取締役CEO:鈴木潤一、本社:東京都目黒区、以下インフォコーパス)は、
日本ヒューレット・パッカード株式会社(代表取締役 社長執行役員:吉田仁志、本社:東京都江東区、以下
日本ヒューレット・パッカード)の協力のもと、IoTプラットフォーム SensorCorpus(センサーコーパス)
(以下SensorCorpus)とIoTゲートウェイ製品 HPE Edgeline シリーズ(以下HPE Edgeline)を使った
エッジコンピューティング(*1)の実効性および有効性について、2017年6月から7月にかけて検証・評価を
実施いたしました。 これにより、中小製造業を含むさまざまな産業へのエッジコンピューティングの導入の
推進を図ってまいります。

 

【検証の背景】
スマートフォンを初めスマートデバイスの爆発的な普及に加え、またあらゆる身の回りのものにセンサー
が組み込まれつつあります。2032年にはそのセンサー数は50兆個を超超えるともいわれている中、多くの
センサーから収集される超大容量のデータを効率的に処理する仕組みとしてエッジコンピューティングが
注目されています。

SensorCorpusはエッジコンピューティングを実現する「エッジ・クラウド連携(*2)」機能を世界で初めて
実装しており、今回の検証ではその実効性および有効性を評価することを目的として、日本ヒューレット・
パッカードの検証環境にSensorCorpusを実装して検証を行いました。

 

【検証の概要】
検証期間: 2017年6月22日(木)~7月16日(日)
検証場所: 日本ヒューレッド・パッカード株式会社
(東京都江東区大島2丁目2番1号)

検証機材:
 クラウド側: C7000(BL460)
 エッジ側:  EL1000
 ゲートウェイ: EL20

検証シナリオ:
① 取得した温度、湿度のデータをゲートウェイからエッジ側に送信
② エッジ 側でSDSP(*3)による以下の計算を実施。
■温度値、湿度値の格納
■温度値、湿度値 から簡易計算による熱中症指数の算出
■温度値の単位時間平均計算
③ クラウド側に簡易熱中症指数値と温度値の単位時間平均を送信
④ クラウド側の閾値判定に基づき閾値を場合の結果をエッジ側にフィードバック
⑤ エッジ側よりゲートウェイ側に閾値判定の結果をフィードバック

 

「エッジ・クラウド連携」機能の検証概要図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【検証の結果および今後の展開】
検証の結果、クラウドやデータセンター側のリソースに課題をもつ企業や速度・品質・コストなど
ネットワーク面で拠点に課題をもつ企業にとって、これらの課題を解決する手法として
エッジコンピューティングが有効であることを確認するとともに、SensorCorpusが提供する
「エッジ・クラウド連携」機能がHPE Edgelineシリーズ上で問題なく稼働することを確認いたしました。

 

インフォコーパスは、今後国内外の多拠点に工場をもつ企業やグローバル展開を目指す企業を中心に、
SensorCorpus の「エッジ・クラウド連携」機能を活用した提案を積極的に進めてまいります。

 

今回の発表に際し、各社から以下のエンドースメントをいただいております。

 

■日本ヒューレット・パッカード様からのエンドースメント
株式会社インフォコーパス(以下インフォコーパス)の「エッジ・クラウド連携」機能検証の発表を
歓迎いたします。
IoTへの注目が高まる一方で、実装すべきITアーキテクチャはまだまだ十分に確立されていないのが
現状かと思われます。今回のような取り組みを通じて、インフォコーパスがIoT普及の実現を大きく
推進されることをますます期待しております。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
エンタープライズグループ
データーセンター・ハイブリッドクラウド製品統括本部
統括本部長 本田 昌和

 

■古河インフォメーション・テクノロジー様からのエンドースメント
古河インフォメーション・テクノロジー株式会社は、株式会社インフォコーパス(以下インフォコーパス)の
「エッジ・クラウド連携」機能検証の発表を歓迎いたします。IoTへの注目が高まる一方で、
どのような思想に
基づいてインフラを設計すべきかの議論がまだ十分になされていないのが現状かと思われます。
これらの取り組みを通じて、インフォコーパスがIoT普及の実現を大きく推進されることをますます
期待しております。

古河インフォメーション・テクノロジー株式会社
産業システム事業部 事業部長 執行役員 山本 陽一

 

■NTTスマートトレード様からのエンドースメント
NTTスマートトレード株式会社は、株式会社インフォコーパス(以下インフォコーパス)の
「エッジ・クラウド連携」機能検証の発表を歓迎いたします。
昨今のIoT評価キットが数多く出回る中で、どのクラウド・エッジ・ゲートウェイ・センサー各ノードに
おいてどのようにデータを収集・集計を行うか、どのタイミングで分析・評価・アラートを配信するか、
IoTデバイスの負荷軽減と、冗長性によるIoTの霧としての信頼性の向上など、課題は多岐に渡ると
思われます。こういった課題の解決に今回のエッジ・クラウド連携が大いに寄与することと期待しております。

NTTスマートトレード株式会社
代表取締役社長 中澤 豊

 

■IIJグローバルソリューションズ様からのエンドースメント
株式会社IIJグローバルソリューションズ(以下IIJグローバル)は、株式会社インフォコーパス
(以下インフォコーパス)の「エッジ・クラウド連携」機能検証の発表を歓迎いたします。
IIJグローバルでは、自社IoTシステムインフラ「CaaS」の中にSensorCorpusおよびHPE Edgelineを
コンポーネント化し、MVNOとして実績豊富な「IIJモバイルM2Mアクセスサービス」と組み合わせた
ワンストップ・ソリューションとして提供することを計画しています。
IoTへの注目が高まる一方で、どのような思想に基づいてインフラを設計すべきかの議論が市場では
まだ十分ではないなか、インフォコーパスが今回の取り組みを通じてIoTの普及を推進されることを期待して
おります。
※CaaS(Component as a Solution):https://www.iijglobal.co.jp/service/caas/

株式会社IIJグローバルソリューションズ
代表取締役社長 岩澤 利典

 

(*1) エッジコンピューティング
ユーザーに近いネットワークの末端側(エッジ)に位置する端末でコンピュータ処理を行うこと。
クラウド側にデータを上げる前にエッジ側で処理を行うことで、クラウド側で処理負荷の軽減、
エッジ側からクラウド側にデータを上げる際のネットワーク負荷の軽減、などの効果が期待されている。

(*2) エッジ・クラウド連携
クラウド側とエッジ側でデータ処理や制御処理の協調分散処理を実現するSensorCorpusが世界初で
実装した機能

(*3) SDSP
センサーデータ・ストリームプロセッシング(Sensor Data Stream Processing)の略。多種類の
センサーデータを統合・集約・演算を行い一つのセンサーデータを分流するなどして、仮想的な
センサーデータを生成することで、より理解しやすい指数の生成や異常値の判定、特定条件下の
判断等をリアルタイムで行うことができる、SensorCorpusの機能。