SensorCorpusサービスサイト
SensorCorpusお問合せ contact@sensorcorpus.com

ご利用上の注意

SensorCorpus利用規約

yajirushi

SensorCorpusサービスのお申込みの前に、下記の利用規約をよくお読みいただき、ご同意いただきますようお願い申し上げます。ご利用をいただいた場合には、下記の条件すべてに同意していただいたものとします。

【SensorCorpus利用規約】

 

株式会社インフォコーパス(以下、「インフォコーパス」といいます。)が提供する「SensorCorpus」サービス(以下、「本サービス」といいます。)をご利用されるお客様は、本規約に基づいて、本サービスをご利用ください。お客様は、サービスご利用のお申込及びサービス利用料お支払の両方を完了していただいた時点で、本サービスに関する本規約の内容に同意したものとし、本規約に基づく契約(以下、「本サービス契約」といいます。)が成立したものとみなされます。

 

1.    定義

 

本規約における用語の定義は以下のとおりとします。

 

1.    「お客様」とは、本規約を承認のうえ、インフォコーパス所定の手続に従い本サービスの利用を申し込んだ法人・団体、またはインフォコーパスによって本サービスのご利用を許諾された方をいいます。

2.    「クラウド」とは、主として本サービスの用に供することを目的としたサーバー、その関連機器、およびその上に実装されたソフトウェアを指し、インフォコーパスが設置するものをいいます。

3.    「センサー」とは、本サービスの利用に必要となるデータ取得・収集用の端末設備、通信設備、及びその上に実装されたソフトウェアであって、お客様ご自身が設置、設定し、またはインフォコーパス以外の第三者と契約するものをいいます。

4.    「ゲートウェイ」とは、本サービスの利用に必要となるデータ通信中継用の端末設備、通信設備、及びその上に実装されたソフトウェアであって、お客様ご自身が設置、設定する、インフォコーパス以外の第三者と契約する、または別途インフォコーパスと契約することによって、設定、設置するものをいいます。

5.    「表示端末」とは、本サービスの利用に必要となるデータ表示、閲覧、操作用等の端末機器、通信設備、及びその上に実装されたソフトウェアであって、一例としてPC、携帯端末、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル端末、モニター機器、パネル機器、プリンター、音声出力機器、その他情報の出力のために要するものが含まれ、お客様ご自身が用意し、またはインフォコーパス以外の第三者と契約することで調達するものをいいます。

6.    「データ」とは、センサーで取得・収集され、無線、有線、記録媒体、その他の通信・転送手段を介して、直接にあるいはゲートウェイを中継し、クラウドに転送され、そこでアップロード・蓄積・管理・可視化・通知・分析・制御・操作・ダウンロード、バックアップ、その他の用途に活用されることが期待される記録・処理可能な数値、文字、符号で表現されるものをいいます。

7.    「API」とは、SensorCorpusの機能や管理するデータ等を、お客様が呼び出して利用するための手続きを定めたもので、インフォコーパスがお客様に提供するものをいいます。

8.    「ユーザーアカウント等」とは、ログインするためのID及びパスワード、メールアドレス、アクセスURL、その他お客様がサービスにアクセスする際に必要となる情報をいいます。

 

2.お申込

 

1.    インフォコーパスとお客様は、インフォコーパス所定の手続に従いお客様から本サービスご利用のお申込及び本サービス利用料のお支払の両方を行っていただいた時点で、本サービス契約を締結したものとします。なお、インフォコーパスはお客様に対して、お申込を受け付けた旨、及びお支払を確認してお申込が完了した旨を、メールで通知するものとします。

2.    本サービスのお申込をされる場合は、お客様の名称、住所、担当窓口、連絡先、お申込口数、その他お申込の内容を特定するためにインフォコーパスが指定する事項(以下、併せて「契約者情報等」といいます。)について、インフォコーパスに対しインフォコーパスが指定する方法でご提出いただきます。なお、これらの事項について、その事実を証明する書類をインフォコーパスに対して提示いただく場合、またはインフォコーパスが本サービスのお申込について契約者情報等を確認または審査する場合があります。

3.    インフォコーパスは、お申込が以下の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスのお申込を承諾しない、または当該契約を即時解除することができるものとします。

1.    サービス利用料が本規約第5条2項の期間内に支払われない場合

2.    申込事項に虚偽、不実の記載または記入漏れがあった場合

3.    当該申込者が本規約に違反する、または契約上の義務を怠るおそれがあるとインフォコーパスが判断した場合

4.    合理的な理由により本サービスの継続的な提供が困難であるとインフォコーパスが判断した場合

5.    その他インフォコーパスが業務の遂行上著しい支障があると判断した場合

 

3.サービス内容

 

本サービスのサービス内容は、別途インフォコーパスのホームページ上に公開されたSensorCorpus サービスに関するご案内で定めるとおりとします。ただし、お客様が別途本サービスに関連して特約サービスをお申込された場合には、当該特約サービスについて定められた特約事項に従うものとします。

 

4.サービス契約の期間

 

1.    本サービスの契約期間は、別途インフォコーパスのホームページ上に公開されたSensorCorpusサービスに関するご案内で定めるとおりとします。ただし、 お客様が別途本サービスに関連して特約サービスをお申し込みされた場合には、当該特約サービスについて定められた特約事項に従うものとします。

2.    サービス契約期間満了日の2週間前までにお客様からの書面による解約の意思表示が無い場合、本サービス契約は自動的に同一条件、同一期間延長で再契約されるものとし、以後も同様とします。

3.    別段の定めがある場合を除き、各サービス契約成立後のキャンセルまたはサービス利用期間中の途中解約はできません。

 

5.サービス利用料

 

1.    本サービスを利用される場合、お客様は、該当するサービス利用料をお支払ください。サービス利用料の詳細につきましては、インフォコーパスのホームページ等のSensorCorpusサービスに関するご案内、またはインフォコーパスが提示する料金表をご確認ください。お支払に伴う振込手数料その他の費用につきましては、お客様のご負担でお願いします。なお、本サービスご利用にあたり、インフォコーパスが提供するクラウドの使用以外に係る費用、例えば通信事業者に対して発生する通信費、パケット料金、その他の通信関係費用、およびゲートウェイ、センサー、表示端末等の購入代金・リース料・レンタル料・設置費用等については、当該サービス利用料には含まれません。お客様ご自身が、当該事業者に対してお支払ください。

2.    お客様は、インフォコーパスがお申込を受け付けた日から起算して30日以内に当該サービス利用料を一括支払するものとします。その期間内に利用料の支払が無い場合は、当該お申込はキャンセルとさせていただくことがあります。

3.    別段の定めがある場合を除き、既に支払われたサービス利用料についての返金等は一切行ないません。

 

6.APIの利用と制限

 

お客様は、ご自身が本サービスを享受する目的で、インフォコーパスから提供された本サービスのAPI(以下、「本API」といいます。)を利用することができます。ただし、お客様によるデータの単位時間当りの総流量、データの最小転送間隔、センサー機器数、ゲートウェイ機器数等が所定の基準を超える場合、システム負荷、サービスの品質維持、他のお客様への影響、その他の理由から、インフォコーパスが当該お客様に対し、本APIの利用回数、利用時間帯、利用可能なデータ転送量、その他について制限を設ける場合があります。

 

7.契約者情報等の変更

 

契約者情報等について変更が生じた場合については以下のとおりとします。

 

1.    お客様は、契約者情報等に変更が生じた場合、速やかに変更内容を、ホームページ上のお問い合わせフォームまたはメールアドレスを用いてご連絡下さい。

2.    前号に基づき契約者情報等の更新がされた場合は、それ以後、インフォコーパスからお客様に対する連絡、通知等は、変更先に対して送付または送信されるものとします。契約者情報等が変更されたにも関わらず、前号に基づく更新手続きがされなかった場合、インフォコーパスが変更前の連絡先に対して通知、連絡したこと、またお客様と連絡がとれなかったことに起因して、お客様ならびに第三者にどのような損害が生じたとしても、インフォコーパスは一切の責任を負いません。

 

8.契約者情報等の利用

1.    インフォコーパスは、お客様より提出された契約者情報等を善良な管理者の注意を持って管理します。本条その他において別段の定めがある場合、あるいはお客様の書面による承諾を得た場合を除き、本サービス以外の目的のために利用、複製、または第三者に開示、漏洩、利用させることはいたしません。

2.    インフォコーパスは、契約者情報等を次の目的のために利用します。

1.    本サービスの提供・管理・運営のため

2.    本サービスのご利用に伴い、お客様に必要な連絡・通知を行うため

3.    キャンペーン、アンケート、広告配信、その他製品及びサービス等に係わるお知らせおよび発送を行うため

3.    インフォコーパスは、法令に従った要請や法令の手続上必要とされる場合、及びインフォコーパス、他のお客様、または第三者の権利を保護するために必要だとインフォコーパスが判断した場合、契約者情報等を第三者に開示する場合があります。

4.    契約者情報等を用いた手段による連絡がつかない場合、インフォコーパスは連絡しなかったことによる責任は一切負わないものとします。

5.    上記の他、契約者情報等に含まれる個人情報の取扱いについては、インフォコーパスのホームページ上に公開されたプライバシーポリシーの定めに従うものとします。

 

9.環境の設定と維持

 

本サービスのご利用に際して必要となるセンサー、ゲートウェイ、表示閲覧用端末、通信機器、通信サービス等の設定、維持については、別途特約がある場合を除いて、全てお客様の責任と費用をもって行なうものとします。

 

10.保存データの取扱い

 

1.    お客様が本サービスに保存した全てのデータおよび情報(以下、「保存データ」といいます。)はお客様ご自身により管理されるものであり、本規約に基づきお客様から許諾された範囲を除き、インフォコーパスは保存データに関するいかなる権利も取得しません。

2.    インフォコーパスは、お客様の承諾を得ることなく、クラウドの故障・停止時の復旧の便宜に備えて保存データを任意でバックアップできるものとします。

3.    インフォコーパスは、サービス利用期間終了日から起算して、60日後に保存データを削除します。サービス利用期間終了後、インフォコーパスは、保存データについて、その保管、削除、バックアップ等に関してお客様または第三者に生じた損害につき一切の責任を負いません。

4.    インフォコーパスは、以下の目的によるとインフォコーパスが判断した場合を除き、保存データに対しアクセスを行うことはありません。

1.    システムの安全な維持・運営のため

2.    本サービスまたは本サービスのシステム上の問題を防止し、または解決するため

3.    当該お客様からインフォコーパスに対して要請があった場合

4.    本条第3項に基づき、データを削除するとき

5.    インフォコーパスは、お客様の書面による承諾を得ることなく、保存データを開示・公開することはありません。ただし、法令に従った要請や法令の手続上必要とされる場合については、お客様の承諾なく、全部または一部の保存データを開示・公開することがあります。

 

11.ユーザーアカウント等の取扱い

 

1.    お客様は、インフォコーパスから発行されたユーザーアカウント等に関して、ご自身が責任をもって厳重に管理し、お客様以外の第三者に開示、公表、漏洩、流布、複製等しないようにしてください。

2.    ユーザーアカウント等がお客様以外の第三者に知られた場合、またはそのおそれがある場合は、直ちにインフォコーパスに対してその旨を連絡してください。インフォコーパスは当該連絡を受け付けた営業日から1営業日以内に当該ユーザーアカウント等の停止措置を行うよう努力するものとします。なお、これらの措置が正常に行なわれたことを確認した後に、新たなユーザーアカウント等の発行手続を行ないます。

3.    ユーザーアカウント等の内容がお客様以外の第三者に知られたことに起因する直接的、間接的、派生的、偶発的、結果的に生じた損害、その他すべての損害について、インフォコーパスは一切責任を負いません。

 

12.サービスの停止

 

1.    本サービスは、お客様に事前に通知することによって、定期的にメンテナンスを行います。定期メンテナンス時にはシステムの一時停止や一部機能が利用できないことがあります。

2.    インフォコーパスは以下の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を停止することがあります。

1.    本サービスを提供するために必要なシステムのメンテナンス、設備の保守または工事、またこれらにやむを得ない障害が発生したとき

2.    本サービスに著しい負荷や障害が発生して、正常なサービス運営が困難である場合、または困難であるとインフォコーパスが判断したとき

3.    ハッキング、その他のセキュリティ上の問題が生じ、お客様、第三者等が損害を受ける可能性をインフォコーパスが認知したとき

4.    通信サービス、電力供給サービス、データセンターのサービス、その他本サービス維持のために第三者がインフォコーパスに提供しているインフラ・サービスの供給が停止され、本サービスの提供が困難になったとき

5.    地震・津波・台風・落雷・洪水その他の天災地変、火災、戦争、内乱、法令の制定改廃、その他不可抗力等により、非常事態が発生した場合、またはそのおそれがあるとき

6.    その他、インフォコーパスが本サービスの提供を停止、緊急停止する必要があると判断した場合

3.    インフォコーパスが本サービスを停止すること、ならびに停止できなかったことによってお客様、および第三者が損害を被った場合も、インフォコーパスは一切の賠償責任を負いません。

 

13.お客様の禁止事項

 

1.    お客様は本サービスまたはユーザーアカウント等の利用にあたり、以下の行為を行なってはなりません

1.    別途インフォコーパスが承諾した場合を除き、第三者に対して、本サービスを利用する権利を許諾したり与えたりすること

2.    ユーザーアカウント等の複製、頒布および貸与、第三者への送信、リース、担保設定

3.    APIを自己の使用範囲を超えて、複製、改変、頒布、公衆送信、送信可能化、サービス化する行為

4.    本サービスに関連するドキュメントやプログラム、ソフトウェアの解析、修正、翻訳、変更、改造

5.    インフォコーパスの許諾なく派生サービス・連携サービスを作成し配布する行為

6.    インフォコーパス、他のお客様、または第三者の知的財産権等を侵害する行為

7.    インフォコーパス、他のお客様、または第三者の財産・信用・名誉等を毀損する行為、およびプライバシーに関する権利、その他の権利を侵害する行為

8.    インフォコーパスおよび第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為

9.    本サービスおよびインフォコーパスが提供する全てのサービスの運営を妨げる行為、信用・名誉等を毀損する行為、またはそのおそれのある行為

10.    公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為

11.    法令に違反する行為や犯罪行為、それらを幇助する行為、またはそのおそれのある行為

12.    有害なプログラムを含んだ情報やデータを登録、保存、提供する行為

13.    本サービスへのハッキング行為、フィッシング行為、その他セキュリティ上の支障を及ぼす行為

14.    本サービスに含まれる通信機能を利用して大量に情報を送付する行為、無差別に不特定の者に対して電子メール等を送信する行為、または事前に承認していない送信先に対して電子メールを配信する等の行為

15.    その他、インフォコーパスが不適切と判断する行為

2.    インフォコーパスは、お客様による本サービスまたはユーザーアカウント等の利用が、前項各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供の停止、またはユーザーアカウント等の利用の停止・削除、その他インフォコーパスが必要と認める措置を行うことができるものとします。

3.    前項の停止措置をとったことにより発生した直接的、間接的、派生的、偶発的、結果的、その他すべての損害について、インフォコーパスは一切責任を負いません。

 

14.サービスの品質維持の範囲

 

1.    インフォコーパスは、本サービスの提供にあたり、本規約第12条(サービスの停止)に定める場合を除き、契約期間中の総稼働率が99.95%以上になることを保証します。総稼働率は以下の通り計算します。

サービス提供時間(分)

=契約期間の総日数(ただし無料お試し期間の日数は含まない)×24×60-本規約第12条に該当する除外時間(分)

総稼働率(%)

={サービス提供時間(分)-停止時間(分)} ÷ サービス提供時間(分) ×100(%)

2.    インフォコーパスが保証事項に反したことを確認できた場合で、お客様から請求があった場合、サービス期間を延長するものとします。この場合のサービスの延長期間は、サービス保証の総稼働率を超過して停止した時間について24時間毎に日数を計算し、その日数相当分に最大1ヶ月分を上乗せした期間の範囲内でインフォコーパスが決定するものとします。

3.    前項の定めに関わらず、本サービス停止の原因が、以下のいずれかに該当する場合には、保証の対象とはなりません。

1.    センサー、ゲートウェイ、通信機器、表示端末、通信サービス等、お客様が責を持つべき環境の事由によるもの

2.    通信サービス、電力供給サービス、データセンターのサービス、その他本サービス維持のために第三者がインフォコーパスに提供するインフラ環境の事由によるもの

3.    その他、当社の責に帰すべき事由によらない場合

4.    本条第1項または第2項に基づく請求は、当該サービス契約期間満了日の1週間前まで に、本サービス利用料の支払を証明する書面ならびに当該違反事実の内容および発生日を証明する書面を添えて行うものとします。

5.    お客様は、本条第1項に定める保証を除いて、その他のすべてのリスクはお客様のみが負うことをここに確認し、同意するものとします。インフォコーパスは、本条第1項に定める保証を除き、本サービスに含まれる機能・性能がお客様の期待・要求を満たすものであること、本サービスが正常に作動すること、本サービスに瑕疵が存在していた場合にこれが修正されること、のいずれも保証いたしません。また、インフォコーパスの口頭または書面によるいかなる情報提供または助言も、新たな保証を行ない、あるいは本保証の範囲を拡大するものではありません。インフォコーパスは、本規約締結時における本サービスと同等の利用環境を永続的に保証するものではありません。

 

15.免責事項

 

1.    契約、不法行為その他いかなる法的根拠による場合であっても、インフォコーパスは、お客様その他の第三者に対し、本サービスを利用したこと、または利用しなかったことにより発生した事業上の価値の損失、利益の損失、機会損失、業務停止、機器・設備の故障やソフトウェアの障害による損害、その他あらゆる商業的損害・損失を含め一切の直接的、間接的、派生的、偶発的、特殊的、付随的、結果的または懲罰的損害について、一切の責任を負いません。同様に、その損害がインフォコーパスの責に帰すべき事由によるか否かに関わらず、またインフォコーパスがそのような損害発生の可能性について事前に知り得ていたか否かに関わらず、インフォコーパスは責任を負わないものとします。また、仮に司法上の手続きにより、本サービスに関してインフォコーパスに損害賠償責任が生じた場合であっても、その上限はお客様に損害が発生した月に係る利用料の1ヶ月分相当額とします。

2.    お客様が本サービスに保存したデータは、お客様ご自身により管理されるべきものであり、データの誤謬、改ざん、毀損、欠落、混濁、消去、削除、アクセス不能、表示・閲覧不能、ダウンロード不能、その他データの問題から生じた直接的、間接的、派生的、偶発的、特殊的、付随的、結果的または懲罰的損害について、インフォコーパスは一切責任を負いません。お客様は、保存データのバックアップが最終的にお客様の責任において行われることに同意するものとします。

3.    お客様が本サービスの利用を通じて、インフォコーパスまたは第三者に対して損害を与えた場合、当該お客様は自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、インフォコーパスに対していかなる補償・補填も請求できないものとします。

4.    本サービスの利用を通じて、お客様と第三者との間で紛争が生じた場合、お客様の責任において当該紛争を解決するものとし、インフォコーパスに対し、仲裁、照会その他のいかなる請求もできません。また、かかる紛争に関連して、お客様の故意または重過失により、インフォコーパスが当該第三者への賠償その他の損害(弁護士費用を含みます。)を被った場合、インフォコーパスはお客様に対し、当該損害額について求償できるものとします。

 

16.知的財産権

 

本サービスの実施環境を構成するソフトウェア、プログラム、サービス、手続、文書、図面、ドキュメント、商標、商号等に関する所有権、著作権をはじめとするその他一切の知的財産権(以下、「本件知的財産権」といいます。)は、インフォコーパスに帰属します。ただし、本サービスの一部に含まれるオープンソースソフトウェアの著作権については、個々のプログラムの権利者に帰属します。また、本サービスのサイト、その他関連資料に記載される場合がある第三者の企業名、商品名等については、各社の商標または登録商標としてそれぞれの権利者に帰属します。

 

17.契約解除

 

1.    お客様が以下の項目のいずれかに該当した場合、インフォコーパスは、お客様に対してなんら催告を必要とせずサービス契約を即時解除することができます。

1.    お客様が本規約の条項および条件にたとえ1つであっても違反した場合

2.    申込事項に虚偽、不実の記載または記入漏れがあった場合

3.    インフォコーパスのサービス提供、業務の遂行、システム等に支障を及ぼした場合、またはそのおそれのある行為を行なったとインフォコーパスが判断した場合

4.    長期間にわたり当社からお客様への電子メール、電話による連絡がつかない場合

2.    サービス契約が解除された場合、ユーザーアカウント等については以後一切利用することはできません。なお、これらについて、インフォコーパスが返却・廃棄を要求した場合、お客様はインフォコーパスに従わなければなりません。また、お客様が登録されたデータ、ファイル、その他一切の情報についても、以降一切、アクセス、利用、閲覧等を行なうことはできません。

 

18.反社会的勢力との関係を理由とする契約解除

 

1.    お客様およびインフォコーパスは、相手方に対し、自己または自己の役員もしくは自己の従業員が、現時点において、暴力団、暴力団員及びその準構成員、暴力団を辞めて5年以上経過しない者、暴力団関係企業、総会屋等、その他これらに準ずる者(以下これらを 「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び、暴力団員等が経営に関与しないこと、暴力団員等を利用しないこと、暴力団員等に対して資金または何らかの便宜を提供しないこと、役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有しないことを保証し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

2.    お客様およびインフォコーパスは、前項の表明・確約に反し、相手方または相手方の役員もしくは相手方の従業員が暴力団員等あるいは前項各号の一つにでも該当することが判明した場合、何らの催告を必要とせず、サービス契約を即時解除することができるものとします。

3.    前条第2項の規定は、前項によりインフォコーパスがサービス契約を解除した場合に準用されるものとします。

 

19.第三者への業務委託

 

インフォコーパスは本サービスの提供に関する業務の全部または一部をお客様の承諾なしに、第三者に委託することができます。その場合、インフォコーパスは委託先に対して、必要かつ適切な管理を行うものとします。

 

20.譲渡・担保設定等の禁止

 

お客様は本サービスの提供を受ける権利を譲渡、貸与、リース、質権、その他担保目的とすることはできません。

 

21.準拠法・裁判管轄

 

1.    本規約は日本国の法律を準拠法とします。

2.    本規約または本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

 

22.サービス内容、本規約の変更

 

インフォコーパスは、お客様の認知如何に関わらず、本規約または本サービスの内容等を変更し、あるいは一部を廃止することがあります。この場合、本規約またはサービス内容は、変更後の内容が適用されます。本規約の内容を変更する場合、インフォコーパスは事前に本サービス上で通知等することにより、お客様にご連絡したものとします。ただし、お客様に不利益を与えるものではない軽微な変更については、事前の通知を省略することができるものとします。

 

23.その他

 

1.    サービスの利用に関して、本規約と異なる条項の利用規約が提示された場合は、お客様による本サービスの利用には、本規約が優先して適用されるものとします。本規約は、本サービスの利用に関する両当事者間での唯一の合意であり、これを変更するには別途、両当事者の署名または記名および捺印ある書面が必要となります。

2.    本規約のある一つまたは複数の条項が裁判所等によって無効または執行不能であると宣告された場合でも、本規約の残存する規定は完全な効力を維持するものとします。

 

以上

 

第1.1版 2015.11.04公開