SensorCorpusサービスサイト
SensorCorpusお問合せ contact@sensorcorpus.com

IoTとは

IoTサービスプラットフォーム「SensorCorpus」のご紹介

 

IoTとは

Internet of Things の略ですべてのモノがインターネットに繋がることでさまざまなことが便利になっていきます。

モノの状態を情報として共有できる。

モノの温度やモノの位置情報が 共有されることで、モノの管理や監視を行うことができます。

モノの状態の変化を情報として共有できる。

工場の部品の状態変化や機械の異常振動など一定以上のしきい値を超えた場合に部品の交換時期や機械の故障を検知することができます。

モノを取り巻く環境の情報を共有できる

ビニールハウスでの農作物はハウス内の温度や日照時間が管理されています。これらの情報を共有することで収穫時期を正確に予測することが可能となります。

 

IoTにつながることで より社会が便利になる

このようにモノがインターネットに繋がるということは、さまざまなモノ本来の性質やそれを取り巻く環境が共有されることです。これにより無人でさまざまなことが管理ができるようになり、世の中が便利になっていきます。

我々の生活はさまざまなモノの情報を得ることによって成り立っています。冷蔵庫の中にある食材の情報や電車やバスの到着時刻など。ありとあらゆるモノの情報を利用しているのです。これらの情報は今まで自分から取りに行くことでしか得られなかったことがモノの側から知らせてくれたり、自動的に問題を解決することが可能となります。

例えば、身近な例として

これはSFに出てくる未来社会に描かれたことがIoTによって実現できる例です。

もちろん社会システムとしても

が実現できるので、経済効果は計り知れません。

さらにこれらの情報を使って、さらなる無人サービスとして

人が何も命令しなくても勝手にこれらの作業をやる自動化が実現できます。

インターネットに接続しなくても実現できるものもありますが、インターネットに接続することでさまざまな情報と融合することでさまざまなサービスとして構築できるのです。

 

IoTによる具体的なメリット

merit