SensorCorpusサービスサイト
SensorCorpusお問合せ contact@sensorcorpus.com

技術情報

「SensorCorpus for SORACOM」デモンストレーションの動画を公開致しました。

動画はこちらから御覧ください。
「SensorCorpus for SORACOM」デモンストレーション概要(PDF)”

SORACOM AirとSensorCorpusを接続することにより、センサーデータに基づく、様々な機器の制御が可能となります。
このデモンストレーションは距離センサーを用いて、対象物との距離をセンシングし、その距離に応じてクラウド側でランプの色相を制御しています。

 

下記の6種類のホワイトペーパーを用意しています。

1.SensorCorpusの特徴

SensorCorpusの特徴をまとめた資料です。ビジュアルなダッシュボード機能や拡張性の高い通知機能など利用者に魅力的な機能をご紹介します。

ダウンロードはこちら

2. SensorCorpusのコンセプト

SensorCorpusはIoTに必要なデータライフサイクル、セキュリティ、スケーラビリティを満たすさまざまな技術を使って開発されています。これらの最先端技術をご紹介します。

ダウンロードはこちら

3. NoSQLを採用したSensorCorpus

SensorCorpusで採用されているNoSQLは従来のRDBに比べて可用性、拡張性にすぐれています。また、センサー情報を格納するためのさまざまな仕組みを入れることが可能となっています。これらセンサーデータを管理する仕組みをご紹介します。

ダウンロードはこちら

4. SensorCorpusの5フリーとは

「センサ、ゲートウェイフリー」「通信ネットワークフリー」など、SensorCorpusが環境やデバイスの制約を受けずに利用可能なことをご紹介します。

ダウンロードはこちら

5. 制御に強いSensorCorpus

センサーコーパスに実装されている制御機能についてご紹介します。

ダウンロードはこちら

6. データにこだわるSensorCorpus

IoTデータとITデータの性質の違いの説明から始まり、SensorCorpusがもつデータクレンジング処理、データ流制御、データ格納、データ加工・変換の機能についてご紹介します。

ダウンロードはこちら